K-1 WORLD GP2005 in SEOUL大会雑感

いきなりの角田復活で「曙を勝たせるつもりだ」って雰囲気満点だったこの大会。
そりゃ誰でもそう思うわなw

まぁ俺的にはこの試合が曙を勝たすためのものであっても、試合内容が凄ければ(見ているものを納得させられれば)全然オッケーだったのですが・・・。

試合のほうは相変わらずの曙スタイルとでも言うべきグダグダな展開に。そんな中でも角田は頑張ったと思います。大体両者の体格差はまるでマイクタイソンパンチアウト!並みに違いましたし。c0041644_2143385.jpg



「参考写真」





こんな体格差にもかかわらず曙は明らかに2Rからスタミナ切れを起こし、3Rでは角田をコーナーに追い詰めるもそこで動けず、なにも出来ない有様。3R持たないならもう辞めてWWEでもどこでも行ったらどうでしょ?まぁWWEのLvはK-1より高いと(俺は)思うので通用しないでしょうけど。

この大会の白眉はトーナメント決勝戦、崔洪万vsガオグライ・ゲーンノラシン。両者の身長差38㎝、体重差82㌔まさかKー1のリングでリアルバキvsマウント斗羽が見れるとは!wc0041644_22261171.jpg


「証拠写真w」





いや~、いいもん拝ませてもらいました。試合内容もガオグライが果敢に攻め込み、崔がリーチ差を活かして防御しつつも反撃する面白い展開になり、延長戦までもつれ込んだ末、判定で崔の勝利。崔はともかく、ガオグライはこんな絶対的な不利を背負いながら見せ場満載な試合内容を見せてくれました。

恵まれた体格を持ち、元横綱で現在は負曙の曙さんには少しでも見習ってほしいもんです。無理かw
[PR]
by habu1976 | 2005-03-19 22:40 | プロレス
<< 土曜競馬反省会 インフルエンザ再び >>